2019-07-08

CHOCOLATE WORKSHOP & TALK SHOW 7月28日[日]


CHOCOLATE WORKSHOP & TALK SHOW  
Sunday, 28th July 2019

今月の最後の日曜日、AIR CAFEにチョコレートな人たちがやってきます。
foo CHOCOLATERSの触手がここにも、いよいよです。

当日はチョコレート作り体験のワークショップとトークショーの2部構成とのこと。
今回はAIR CAFEからワークショップ参加者の皆さまだけに、特別なチョコレートのかき氷をお作りします。こちらもお楽しみに。
*7/28はイベントのため貸切となります。あらかじめご了承ください

詳細は以下をご覧ください。
◯ご予約・お問合せ先/foo CHOCOLATERS
 MAIL info@foochocolaters.com




2019-06-10

ハコとめがねとシマシマ 2019/6/15[sat]-16[sun]





















だいたいあれから1年くらい。それからずっと世界では狂乱騒ぎが続いています。

いかがお過ごしでしょうか。
會舘の外にプールでも出して、台湾で仕入れた食材を使った料理、

かき氷をみんなで食べながら、夕方からは音楽を体に浴びて汗だくになりましょう。
着替えはSTOREの洋服で。
遠くを望みたいときは、めがねのスエツグで二つの眼を手に入れましょう。




◯ 出店のご紹介


STORE/ストア
東京西荻窪にあるSTOREは、今シーズンの白のシリーズのボーダーTシャツやワンピースの新作などを持って参加します。手に取ってじっくり時間をかけて悩めるチャンスです。
(*15日・16日両日)
http://www.storestore.net































Hako Hosokawa/細川葉子(写真家) 
写真プリントワークショップ:ご自分で撮った写真(ペットや家族など)をその場で写真シートにプリントし、布にアイロンプリントをするワークショップです。
40分くらいで一つできます。スマートフォンの写真でも大丈夫ですのでお気軽にどうぞ。
(既存のイラストや写真などは使用できませんのでご了承ください)
(*15日・16日両日)





めがねのスエツグ
鳥取県米子市からやって来るスエツグさんは「1日眼鏡展」と銘打ち多様なデザインの眼鏡フレームを持参してくれます。今回はサングラスを多めにご用意してくださるとのこと!
そのほか眼鏡に関するご質問やご相談にも対応してくださいます。
(*16日のみ出店)









イチリヅカシューズ
光明寺會舘からご近所の靴工房 イチリヅカシューズさん。愛らしいシルエットの靴やカバンなどを手がけられています。
今回はシューキルトのワークショップを開催。15日の14時から。
(*15日のみ出店)





尾道お菓子 たつみや
季節ごとに様々な和洋菓子をお届けしてくれる尾道のお菓子屋さんです。
今回は今の時期にぴったりのふなやきをはじめ、ウィークエンドシトロン、若あゆ、どら焼きを販売してくれます。お土産にも良いですね。
(*15日のみ)








AIR zine 編集室
尾道で細々と編集、出版活動をしているAIR zine編集室。
毎号、漢字一文字を選出し編集室メンバーが思いおもいに原稿を書き進めています。
これまで「泡」「突」「赤」「筒」「十」を発行。
今回は次号のお知らせをしつつ、これまでのバックナンバーを一挙販売いたします。
(*15日・16日両日)




mika
尾道で縫い物を手がけられています。特別な日のドレスから日常使いのバッグまで、あらゆるオーダーに応えてくれます。今回はブルーシートのポーチと小さなカバンを販売。
(*15日・16日両日)





◯出演者のご紹介

Straight & Palmer with フェリーズ
尾道といえばこの方々ですね。土曜の夜を盛り上げてくれます。
(*15日のみ)


























◯フード・ドリンク

AIRCAFÉ
15日[土]  
・台湾的食事(数量限定)*自助餐スタイル
魯肉飯/よだれ鶏/烏賊とセロリの炒め物/切り干し大根のオムレツ/炒青菜/小菜/スープなど
・かき氷(*15日・16日両日)
パイナップルレモン/生いちご練乳/ココナッツシュガー練乳+緑豆&
落花生などのかき氷を予定
・ドリンク(*15日・16日両日)
生ビール/モヒート/サングリア/炭酸入り白ワイン/タピオカミルクティーなど
16日[日]  
・台湾的小吃(数量限定)
たつみやさんのふなやきの皮を使って台湾的クレープ(潤餅的)/鶏肉飯/茄子と挽肉のバジル炒/スープなど     
(写真はイメージです)





















【ハコとめがねとシマシマ】
日 時:6月15日[土]  

    11:00 - 18:00 お買い物タイム & ワークショップ & お食事
    19:00 - LIVE Straight & Palmer with フェリーズ
    6月16日[日]
    11:00 - 18:00 お買い物タイム
会 場:光明寺會舘 尾道市東土堂町2-1 

お問合せ先:光明寺會舘
    facebookからどうぞ→https://www.facebook.com/komyojihall/?ref=bookmarks
    TEL 0848-51-5717 MAIL aironomichi@gmail.com

【ハコとめがねとシマシマとパーティー】
日 時:6月15日(土)18:00〜 

料 金:一般 1,000円(中学生以下無料)
    19:00〜 Straight & Palmer with フェリーズ のLIVE

    ※ドリンク、お食事のオーダーをお願いします。 
会 場:光明寺會舘 1F・2F





2019-05-06

Short Stay program 2019


先月末から3名のアーティストたちの滞在がはじまりました。

Rafael Gross-Brown / Oliver Siegenthaler / Bea Schulze

彼らは南米とスペインからやって来ました。
人柄はとても大らかで、晴れた日には自転車に乗るのが大好きなようです。
彼らはそれぞれのペースで日々制作を進めています。
5月18日[土]にはオープンスタジオを予定していますよ。
詳細は追ってお知らせいたします。







2019-03-31

営業日変更のお知らせ


2019年4月1日より光明寺會舘及びAIR CAFEの営業日を変更いたします。

【営業日】
変更前  火・水曜日 休館
変更後  火・水・木曜日 休館 *祝日の場合は営業いたします。

なお、4月1日より施設利用料につきましても改定いたします。
弊館をご利用の際には下記までお問い合わせください。

何卒、ご理解賜りますようお願いいたします。

光明寺會舘


2019-03-23

MARIE HIGASHI EXHIBITION





MARIE HIGASHI EXHIBITION
'CONNOTATION'
2019.3.23[Sat] - 25[Mon]
10:00 - 20:00













































自分の内側から湧き上がる、言いようのない衝動がある。
精神の奥深くを流れる、穏やかな、揺るぎない生への衝動、
そして精神の表在を流れる、 激流のような死への衝動である。 
私は言葉にすることに困難さを感じ、葛藤の中で苦しんだ。 
いつか自分が自分でなくなるような気がしてとても怖かった。 
自己の内面を吐き出すために絵を描き出した。
絵を描くことで救われた。
私の中の言葉にならないもの、かたちのないもの、目に見えないもの、感覚、意識、その ような精神性を描こうとしている。 
絵を描くことは、自己を解放することであり、行為によって、私は自分自身を見失わずに いれるのである。

----------

東 真里江 Marie Higashi
1991年2月11 日生まれ。長崎県出身。
看護師として働きながら、2017年7月より独学で絵を描き始める。 2018年5月より企画展、グループ展、個展と精力的に活動を開始、画家を志す。
2018/5  Design Festa vol.47 東京ビッグサイト2018/7  Human Museum 2018 Tambourin Gallery2018/9  第48回 純展 入選 東京都美術館2018/10 純展 常総支部展 千葉福祉ふれあいプラザ2018/11 個展「ひとりごと」 ギャラリーほほほのほ2018/12 International Audio&Art Show SUNWORLD DYNASTY HOTEL TAIPEI 三人展「過密」 Design Festa Gallery
2019/1  三人展「えのはじまりえのおわり」 チイサイカイシャプレイス

MARIE HIGASHI EXHIBITION
'CONNOTATION'
2019.3.23[Sat] - 25[Mon]
10:00 - 20:00(AIR CAFE / 11:00-18:00)
at 光明寺會舘 Komyoji-Kaikan
2-1 Higashitsuchido-cho Onomichi-shi Hiroshima Japan 722-0033
TEL/+81 848 51 5717  MAIL/aironomichi@gmail.com


2019-03-15

立花秀輝 アルト・サクソフォーン


立花秀輝
ソロ、デュオ、セッション&インプロジャム・ツアー

日にち 2019年3月22日[金]  
時 間 open/18:30  start/19:00 
料 金 2,000円+オーダー(当日券のみ)
会 場 光明寺會舘/広島県尾道市東土堂町2-1 
    TEL/0848-51-5717  MAIL/aironomichi@gmail.com

AAS(アァス)、渋さ知らズなどで活躍中のサックス奏者 立花秀輝

広島単独ライブ2日目はここ光明寺會舘で開催です。
様々な特殊奏法から美しい旋律まで、サックスの限界を超える多彩な表現による世界でお迎えします。

演奏者より
インプロジャム:即興ジャム・セッション
立花と共演したい方、何かを表現したい方、お店、お客様、共演者の迷惑にならなければ表現形態は何でもありで挑戦者求む!

------

















立花秀輝 Hideki Tachibana
1971年東京生まれ。池田篤氏にサックスの手ほどきを受け、高校卒業後、尚美学園短期大学にてクラシック・サックスを雲井雅人氏に師事。大学卒業後、武蔵野音楽学院(現廃校)にて仲間とのセッションで現在のスタイルの基礎を築く。93年渡米。カンザス州オタワ大学音楽学科を首席で卒業。 97年、帰国し本格的な活動に入る。2000年、自己バンドであるAAS(元・立花秀輝カルテット・山口コーイチ、カイドーユタカ、安藤正則)が横浜ジャス・プロムナード・7thコンペティションにて当時最多の4賞(オリジナル作曲賞、ライブハウス賞、横浜市長賞、優秀賞)を同時受賞。グランプリ不在の中で同等の評価を得、CD制作(LIVE!! AAS)やジャズ・フェス等の出演を果たす。その後、板橋文夫ジャズ・オーケストラ、福村博グループを経て2002年に渋さ知らズ・オーケストラでの演奏を開始。日本国内ツアーやフェスティバルのみならず、2005年から同バンドの海外ツアーに参加。数々のフェスティバルやライブハウスへの出演を果たす。また、2008年松本健一率いるSXQ saxquintetのメンバーとしてロシア&リトアニア・ツアー、2012年渋さ知らズのリーダーでありべーシストの不破大輔率いるFUWA WORKSのメンバーとしてリトアニア&ロシア・ツアーにも参加。

現在はAAS(アァス)、不破大輔とのデュオ、田中信正(p)とのデュオ、坂田明(as)吉田隆一(bs)とのトリオを主催する傍ら、若手からベテランまで多くの音楽家との交流を目的とした立花秀輝セッションを手がける他、多くのライブやレコーディングに参加する等、精力的に活動している。代表作としてAAS(山口コーイチp、カイドーユタカb、磯部潤ds)「Song 4 Beasts」「Lebenslauf」「Live!! AAS」、立花x不破大輔デュオ「〇」、立花秀輝カルテット(板橋文夫、池田芳夫、小山彰太)「Unlimited Standard」。

様々な特殊奏法を駆使する多彩な音楽表現の他、サックス本来の音色を追求した美しいメロディーを聴かせる稀有な奏者である。

http://banaltosax.blog.fc2.com



2019-03-07

ACHRNIC NEW CITY 2019/3/9[Sat] - 17[Sun]


ACHRNIC NEW CITY 
あんくろにくるニューしてぃ

広島市立大学 芸術学部 現代表現領域 22名
2019年3月9日[土] - 17日[日]

伊藤まどか/金山友美/川口綾乃/岸かおる/久津間紗也/久米千裕/高飛/小松原裕輔/佐藤天音/篠藤碧空/
嶋田凪紗/朱薇/蒋皓/庄然/谷岡香保/玉村優希/趙甘雨/張明/釺/並川詩織/古堅太郎/松村明莉


 
































会 期 2019年3月9日[土] - 17日[日] 11:00〜18:00 *最終日は16:00まで
   (火・水曜 休館)
    オープニング 3月8日[金] 18:00〜20:00
会 場 光明寺會舘 / 広島県尾道市東土堂町2-1
    OAM / ポケットパーク上の空き家
主 催 広島市立大学芸術学部 現代表現領域